• RBTXCO

KYUTEE:06/Taishi Tominaga


KYUTEEアレンジアーティストのTaishi Tominagaさんをご紹介します。


トミーは何処であったかなぁ?たしか滋賀のイベントで初めてお会いしました。家族連れで楽しそうに参加する姿が印象的でしたね。


積極的に参加しているのに、家族にも気遣って、それでいて初めましてのボクとも垣根なく話してくれる、あぁ、この人はきっと芯がある人なんだろうなぁって思った事を覚えています。


今回の企画にも心良く参加してくれたトミー。作品作りに迫ってみます。


ー 作品作りのこだわりってありますか?


私は“人間”という存在について絵を描いています。
人間は、天と地の間(=肉体)にとどまる数年間、様々な体験を通して学び、
自由意思で生活を営んでいます。
また、人間は地球-宇宙という壮大な循環構造の一部として存在しています。
そのようなビジョンを、日常の生活から得たスケッチを元に制作しています。

とても壮大で、本質的な感覚から作品をつくり“はじめる”作家さんなんだという事を感じます。



人の感情や、親子関係。夫婦の合間や、日常の合間。様々な日々の風景の中で彼が大切に感じた物を出来るだけ素直に表現する。彼のその実直で素直な取り組み方にボクは遥かな時間を感じるのです。


さて、今回のKYUTEE企画ですが、トミーにお願いするYAOYOROZUの図案はボクの中であらかじめ決まっていました。砂漠のある国の世界観を想定して制作した女性とラクダをベースにRe:デザインしてもらいました。



KYUTEE:Taishi Tominaga


ー今回のイラスト、どのような解釈で描きましたか?


男性性(火)と女性性(水)の和合をテーマに描きました。
男女の内側にこの2つの性が存在していて、
調和がとれたとき、人生(クリエイション)が大爆発します。
中央には、始原の宇宙の扉(ヴァギナ)と「生命の樹」(智慧)がクロスしていて
この絵をみる人に、まったく新しい生活を予感させます。

確かにものすごく壮大なイメージを持たせます。


ただ、全体的にはとても軽やかでやさしい。ボクには包み込む母の優しさのようなモノを感じさせる作品になりました。





Taishi Tominaga


1979年熊本県天草生まれ。大阪府豊中市育ち。

2002年東京造形大学卒業。2006年より京都市在住。

1998年より現在まで、東京や京都、ベルリンやロンドン、

ソウルやバンドゥン(インドネシア)で作品を発表。

西欧-アジアのいろんな土地で、現地の人達と交流しながら

積極的に絵画やインスタレーションを制作してきました。

アクセサリー・ブランド「アウラ・ロコ」主宰。3児の父。


現在、新作の大作絵画を制作しています。

展覧会などの情報は決まり次第、SNSなどで告知してまいります。


https://www.instagram.com/AURA.LOCO/

https://tomiworks.exblog.jp

15回の閲覧

DIY壁紙のパイオニア。とても簡単なステップで自宅の壁紙を

お好きな壁紙に貼り変えれます。しかも剥がせる壁紙!

RBTXCOの柄の壁紙も販売してます。

よしもと芸人『女と男』の和田ちゃんが展開する帽子のブランド。

アタマのサイズが大きい和田ちゃんが、大きいサイズの人も

楽しめるかわいい帽子をつくってます。

日本のいいモノを世界に越境するサイト。全国津々浦々のいいもの

取り寄せれます。日本のファッションブランドの姿勢をつたえる

ページの監修を担当しました。

Copyright (C) 2006 RBT*CO [rizalt bai tfa:ns*co] . All Rights Reserved.